たたみナビ

畳製品紹介

襖製品紹介

会社案内

infomation

襖製品紹介

襖紹介

襖の名称

襖の名称

紙材の紹介

◆ 和紙襖紙

本鳥の子、鳥の子、新鳥の子に分れており、雁皮・三椏・楮などの靱皮せんいを原料にした手漉き技法と機械漉きがあり機械漉きも、さまざまな技術によって紙の風合いも、手漉きに近いものが出来ています。現在は、機械漉きが主流となっており、中でも価格の手頃な新鳥の子紙は、製紙・柄付けとも機械により一貫生産されていて、さまざまな図柄があります。

◆ 天然素材襖紙

長繊維のレーヨン糸やスラブ糸・ネップ糸、マニラ麻糸等で織っています。絵柄は手加工や最新の技術を駆使して加工し、上品な柄が数多く用意されています。一般に「糸入り」と呼ばれています。

◆ ビニール類襖紙

塩化ビニールなどの合成樹脂の襖紙で、汚れにくさと耐水性が特長です。

◆ 障子紙

丈夫な拭けるプラスチック障子紙や、楮を原料にした手漉き和紙、パルプに楮やマニラ麻、ビニロンを配合したもの等、各種予算にあわせてご用意しております。

◆ 網戸

丈夫なペット用網戸やステンレス網戸、目の細かいものや、外から見えにくく中からよく見える網戸等各種予算にあわせてご用意しております。

紙材の紹介

化粧縁の構造

化粧縁の構造

下地の紹介と重要性

ふすまには、様々なタイプの芯材があります。内部構造(下地)は特に重要です。襖は完成品になると、外見からは分かりませんが一番大切なものは「下地」です。耐久性や環境面でそれぞれに特徴があります。また、施工方法も違いますので当然価格も違ってきます。下地(内部構造)の種類には大きく分けて、和襖と量産襖の2種類があります。

下地の紹介と重要性

■和襖の特徴

和襖は、木製の組子骨を芯材として使用し、耐久性にも非常にすぐれた優しさのある本格的な襖です。また、和襖は室内の湿度が高くなれば湿気を吸収し、低くなれば放出するという湿度調整機能もあります。さらに、室内のホコリも吸収しますのでお部屋を常に快適にする生きた建具といえます。生活の知恵から生まれた、日本文化の代表的な建具です。また、和襖は紙の張り替え、縁の取替え、引手の取替えにより長期にわたり新品同様に復元されます。上手に使えば50年だって使えます。

■量産襖の特徴

芯材を機械生産するためコストは安くすみます。しかし、張り替えが非常に難しく襖椽は下地にはめ込み型でボンド付けするため、襖紙の張り替え時には襖紙をめくらず、その上に重ね貼りをしますので、襖全体の反りやシミが発生する場合があります。通気性や湿度調整機能もほとんど期待出来ません。

■和襖と量産襖の違いは明白です。

つまり和襖は「呼吸」をして人の生活・環境を助けてくれるのです。和襖がホコリやタバコのヤニなどで変色したり、時にはカビなど茶色い斑点状のものが出たりしますが、それは機能を発揮している証拠です。みなさまが体に取り込む代わりに「和襖」が吸着しているのです。

このページのトップへ